年式は査定に影響する?

バイク買取を利用する場合、バイクの年式も査定ポイントになります。

当然のように年式が新しいほど買取価格は高く、年式が古いほど買取価格は安くなっていきます。

これは車買取にも言える事ですが、余りにも年式が古いと、バイク買取対象外となってしまい買取してもらえないケースもあります。

買取不可という場合は、廃車処分となります。

しかし廃車処分にも費用がかかるので、買取額が0円なだけでなく、さらに処分にかかる手数料(リサイクル料金)を支払わなければいけないので、損をしてしまいます。

●参考ページ⇒廃車手続きの必要書類 | 自動車の廃車手続き

走行距離の査定基準は、バイク買取業者により違いはありますが、年式が古く廃車処分しか選択肢がないバイクを、無料で引き取ってくれる業者を探してみましょう。

査定額はつきませんが、廃車処分の費用もかからず、廃車にする手間もかかりません。

走行距離が長く査定がつかないバイクを無料で回収している業者は、動かなくなったバイクや、事故で廃車処分にするようなバイクの引取りも対応しています。

動かないバイクは利用価値がない、というのが一般的な考え方ですが、部品として見た場合には、まだ使える部品があれば部品としての利用価値があります。

ただ部品としての単価は安く、1台あたりの価格もリサイクル料金の方が高くつく事もあるので、無料回収をして貰った方が何かと便利です。

自分で廃車処分をする前に、無料回収をしている業者に見てもらうのもいいかもしれません。

査定が無料なら余計な費用負担はありません。

この記事は査定額はどう決まるに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントとトラックバックは現在受け付けていません。