走行距離は関係ある?

バイク買取で査定をする時、各業者による査定基準の違いはありますが、走行距離はバイクの査定に大きく影響します。

車と同じように、バイク買取も走行距離が長いほど価値が下がる、これが現実です。

走行距離が長くても、こまめにメンテナンスをしていれば十分走ると考えてしまいますが、やはり走行距離により、バイクの印象も変わっていまいます。

もちろん実際にバイクを見て査定をする際は、査定スタッフが状態を見て行きますが、走行距離が多いほど印象は悪くなる部分は否めません。

まず1万キロを基準にしますが、1万キロ以下の場合は3千キロでも7千キロでもあまり変わりはありません。

もちろん他の部位も査定対象になりますが、1万キロを超えていると、かなり査定額にも影響が出ます。

さらに2万キロ、3万キロというように走行距離が増えるほど、バイクの価値が下がっていきます。

こればかりはどうにもなりませんが、業者によっては走行距離が多すぎると査定がつかないというところもあります。

走行距離が多くて価値が低いと判断されても、他の部品に利用価値があれば、そこをプラスにして査定をしてくれる業者もいます。

バイク買取で査定をすると、業者は査定額を提示しますが、余りにも査定額が低すぎて納得できない場合は、他の業者にも査定をしてもらいましょう。

走行距離が多いと査定額は安くなりますが、比較すれば少しでも高く買い取ってくれる業者が見つかります。

ダメ元で交渉してみるという方法もあります。

この記事は査定額はどう決まるに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントとトラックバックは現在受け付けていません。